花粉症の対策なら酸素カプセル

2019/10/17

みなさん

こんばんは

ベストコンディション代表の内藤です。

10月に入り涼しくなりましたね。
むしろ夜は肌寒くなってきたと感じる人は多いのではないでしょうか?

そして最近鼻がむずむずしたというお客様がちらほら
やってきました秋の花粉です。

秋の花粉症とは?

秋の花粉症は雑草の花粉が原因と言われています。

花粉症といえば春のイメージが強いですが、実は秋にも花粉が飛んでいます。

ブタクサ・ヨモギの花粉が飛んでいます。

主な生育場所は、道端、公園、河川敷などの身近な場所が多く、春花粉のスギや、ヒノキと比べて背丈が低く、通常あまり広範囲には飛散しません。(飛散距離は数十~数百メートル)

花粉症対策とは?

帰宅後に服についた花粉を落とす

家の中に持ち込まないようにしましょう。髪の毛や衣服を外で払ってから入りましょう。

原因植物に極力近づかない

ブタクサ・ヨモギは公園や川の近くに生えています。

なので、極力避けるようにしましょう。

部屋の掃除と換気をこまめにする

家の外で花粉を払っても少しは家に花粉が入ってしまいます。

なので、こまめに掃除をしたり換気をしましょう。

また枕やベットなど、寝室をより重点的に掃除するといいです。

免疫力を高める

免疫力を高めることで花粉症を軽減、または克服できると考えられています

免疫力を高めるためには?

免疫力を高めることで花粉症を軽減、または克服できると考えられています
免疫力を高めるには、腸内環境を整えることがオススメです
腸は体内で一番免疫細胞が多く存在するので、腸を整えることで、アレルギー反応にも打ち勝つ力になります
体温が1度上がると免疫力は5倍にアップすると言われています
身体を冷やさないように気をつけることも、免疫力を高めるのに重要です。

酸素カプセルには免疫力が上がる効果が見込めます。

さらにベストコンディションでは遠赤外線シートをご準備しています。

どのようなシートかと言いますと、以下の通りです。

炎症を抑えるとともに活性化させます。また、遠赤外線効果で体の芯からじっくりと温めます。日本人の平熱は36℃台前半と言われていますが、ここ10年ほどで35℃台、それも35℃台前半の人が増えているのをご存じですか。低体温を元凶とする症状は、肩こりから生活習慣病、ガン、自律神経失調症、花粉症など多岐にわたります。

また脂肪を燃焼しにくくなるため太りやすくなります。体温が1℃上がると、免疫力は37%、基礎代謝は12%、体内酵素の働きは50%アップします。劇的に何かが変わった!というよりも気づくとどこにも不調を感じていなかったという具合です。
いつまでも健康で若々しく過ごしていただけるよう、経験豊富なスタッフが全力でサポートさせて頂いています。

もし、気温の急激な変化や秋の花粉症で体調が悪いなと感じた方はこの機会に体験に来てみてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました。